知って得するような美容情報をお届けできたらいいな

心当たりがあるなら今すぐやめて!アラフォー世代のありがちNGメイク

アラフォー世代に陥りやすいNGメイクをご紹介します。心当たりはありませんか?

 

ガッツリアイライン

アラフォー世代は、目元のハリが失われて、ぼんやりとした印象になってきます。ぼやけたイメージの目元に、アイラインをがっつり引いてしまうと、強すぎてやりすぎな印象に。アイラインだけ浮いて、清潔感が損なわれてしまいます。20代の頃の囲み目メイクをしている人は、今すぐやめましょう。

 

キラキララメ入りアイシャドウ

まぶたのくすみが気になって、キラキラのラメ入りアイシャドウを使っている人もいるかもしれません。しかし、ハリが低下してきた目元に、ラメ入りアイシャドウをのせると、なじまず浮いてしまいます。かえって若作りに見えて逆効果にもなりかねません。さらにラメが大きいと安っぽく派手な印象に…。大人上品さからはかけ離れてしまいます。

 

バサバサやりすぎまつ毛

若い頃のバサバサまつげから抜け出せない、アラフォー女性もいるかもしれませんね。バサバサまつ毛を見慣れてしまうと、自然なまつ毛が物足りなく感じてしまうもの。年齢に合う、上品なメイクにチェンジすべく、思い切ってやりすぎまつ毛から卒業しましょう。
また、年齢を重ねると、まつ毛も細くなり、減ってしまうのも避けて通れません。そこで、つけまつ毛やマツエクをたよりたくなりますが、こちらもやりすぎは禁物。自然に見えるよう、長や本数を工夫すれば、良い味方になってくれるでしょう。

 

薄すぎるメイク

ナチュラルメイクが好きという人に見られる、薄すぎメイク。薄すぎるメイクだと、年齢以上に老けて見えることもあるので要注意!どうしても疲れた印象になってしまいます。ナチュラルと薄すぎメイクは違います。加減を知って、美人度をupさせましょう。

 

https://news.nicovideo.jp/watch/nw7277694

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です